https://mizumawari-24.com/wp-content/uploads/2023/03/アセット-59.png

S字トラップ交換の費用を削減!賢い業者選びとDIYを完全ガイド

S字トラップ交換の費用を削減!賢い業者選びとDIYを完全ガイド

「S字トラップ交換費用は、一体どれくらい必要なの?」

「業者に依頼する場合とDIYで行う場合、それぞれの費用はどのくらい違うの?」

こんなお悩みはありませんか?

この記事では、S字トラップ交換の費用を抑える方法から、DIYで交換する際のポイントまで、分かりやすく解説します。

この記事を読むことで、費用を抑えつつ、安心してS字トラップの交換に取り組むことができます。

S字トラップを交換して、洗面所をより快適に使えるようにしましょう。

S字トラップ交換の具体的な費用

S字トラップの交換は、業者に依頼する場合とDIYの場合で、かかる費用が違います。

それぞれ、どのくらいの費用がかかるのか具体的にみていきましょう。

業者に依頼する場合の費用

業者に依頼した場合の費用は、S字トラップの部品代と作業費が主な費用になります。

地域や業者によって異なりますが、一般的には1万円から3万円程度が相場です。

ただし、水漏れなどの特別な修理が必要な場合は、この範囲を超える可能性があります。

業者選びの際は、「出張見積もりが無料」「料金を明確に提示してくれる」業者を数社選び、それぞれ見積もりを取ると良いでしょう。

少し面倒になりますが、料金を抑えるための大切なポイントになります。

DIYで交換する場合の費用

DIYで交換した場合の費用は、S字トラップと交換に必要な工具の購入代が主な費用です。

ホームセンターや資材販売店などにはさまざまな種類の排水トラップがあり、材質やサイズによって価格が違い2,000円から9,000円程度になります。

交換に必要な道具もホームセンターなどで購入でき、初めて工具を購入する場合は数千円から一万円程度みておくと良いでしょう。

既に工具を持っている場合は、その分費用を抑えられます。

S字トラップの交換費用を抑える方法

S字トラップの交換にかかる費用を抑える方法として、主に2つの方法jがあります。

1つ目は、複数の業者に見積もりをしてもらい、それぞれの価格とサービスを比較してから業者を選ぶことです。

2つ目は、DIYで交換することで、専門業者に支払う費用を節約する方法です。

それぞれ、詳しく説明します。

複数の業者から見積もりをとる

複数の業者から見積もりを取ることは、交換費用を削減するためには大切なポイントです。

多くの方は面倒で最初に依頼した業者に頼んでしまいますが、他の業者の方が安く済むケースは多く見られます。

複数の業者に見積もりを依頼する際には、単に価格だけでなく、サービス内容や保証条件も比較するようにしましょう。

追加料金が発生しないか確認するのを忘れないようにしてください

また、キャンペーンなどの割引サービスを利用すると、費用を抑えられますよ。

DIYで交換する

DIYで交換を行う場合、使用する工具を持っていれば、部品代だけで済み業者に支払う作業費を節約できます。

ただし、適合するS字トラップの選定と、正しい交換手順を理解しなくてはいけません。

また、自分で行なう場合は、トラブルが発生した時に自己責任で対処する必要があるため、ある程度のDIYスキルが必要になります。

少しでも不安を感じたら、専門業者に相談しましょう。

S字トラップ交換のステップと注意点

洗面器のS字トラップ交換をDIYで行う際には、適切な手順に沿って作業しなくてはいけません。

ここではDIYでの交換手順と、交換時に起こりやすいトラブルの対処法について解説します。

DIYでの交換手順

まずは必要な工具を準備し、止水栓を閉めて交換時に水栓から誤って水が出てしまうのを防ぎます

U字管の袋ナットを反時計回りにまわして緩めて外し、U字管を下にずらして取り外します。

その際、U字管に水がたまっているため、小さな洗面器などで水受けしておきましょう。

次に、床排水に接続しているステッキ管を取り外します。

新しいトラップを取り外した時の逆の順番で取り付け、袋ナットを締め付けます。

取り付けの際には、U字管をしっかりと手で抑えながら、袋ナットを時計回りに締め付けるようにしましょう。

S字トラップの取り付け後、止水栓を開け水を流し、水漏れがないかを入念にチェックし問題がなければ作業は完了です​​。

S字トラップ交換時のトラブルと注意点

交換するS字トラップのサイズや材質、形状が、現在のS字トラップと同じであるか確認しなくてはいけません。

適合しないS字トラップを選んでしまうと、接続部に不可がかかり水漏れの原因となります。

また、トラップを取り付ける際、U次管の袋ナットの締め付けや、排水管の接続部の防臭ゴムの差し込みが不十分だと水漏れを起こします。

小さな漏れも長期にわたると、床の腐食やカビの発生など大きな問題に発展する可能性があるため、慎重にチェックするようにしましょう。

水漏れのチェックは、目視だけではなく手で触って確認してくださいね

S字トラップをDIYで交換する前に知っておくべきこと

洗面器のS時トラップをDIYで交換する際には、いくつか確認しておく点があります。

交換の前には、排水管の種類とサイズ、そしてS字トラップとPトラップの違いについて正確に理解しておきましょう。

排水管の種類とサイズの確認

洗面器の排水管には金属製と樹脂製の二つの主な材質があります。

金属製の排水管は経年によって劣化し、約20年を目安に交換が推奨されています。

一方、樹脂製の排水管は使用開始後20年程度でつなぎ目のパッキンが劣化し、これが水漏れの原因となります。

一般家庭で使われている排水管は樹脂製の外径25mmで、三角パッキンを使用しています。

S字トラップとPトラップの違い

S字トラップは床の排水管につながっているタイプ、一方のPトラップは壁の排水管に繋がっています。

それぞれのトラップには、下水の臭いを防ぐためにU字に曲がった部分に水をためる機能があります。

洗面器の排水トラップ交換時には、現在のトラップがどちらのタイプなのかを確認しておきましょう。

S字トラップの交換をして快適な洗面所にしましょう

S字トラップの交換は、洗面所の機能性と快適性を高める方法のひとつです。

古くなったり損傷したトラップを新しいものに交換すると、水の流れが改善され詰まりや不快な臭いの問題を解消できます。

また、新しいトラップは見た目にも清潔感を与えてくれます。

S字トラップを交換すると数年以上の間、機能的な状態を保つことができ、日々の生活が快適になりますよ。

 

トイレ水漏れ・水道修理業者の他社との比較表

東海水道メンテナンスは名古屋、愛知、岐阜、三重の業者の中で業界最安レベルの値段でトイレの水漏れ、水道修理を提供しています。

トイレ水漏れ・水道修理業者の料金表

 

SNSでシェア

コメントする

コメントは受け付けていません。

関連記事